Denoiser

Arnold Denoiser

Arnold デノイザーは、スタンドアロン プログラムの後処理用デノイザーの実行ファイルです。複数のレイヤ(マージ済み)を含む EXR ファイルで機能し、ノイズ除去レイヤを含む EXR ファイルを出力します。これには複数のフレームと複数のライト AOV が考慮されています。ほとんどのデノイザーと同じように、現在のピクセル周囲の近傍を考慮し、一緒にブレンドする任意の検索領域内で類似した近傍を検索します。 Arnold デノイザーを使用するには、Arnold EXR ドライバを使用してイメージをレンダリングする必要があります。

ノイズ除去のチュートリアルは、こちらにあります。

  • Arnold Denoiser を使用するには、レンダリング設定(Denoiser タブ)でレンダリングする前に「Output Denoising AOVs」パラメータを有効にする必要があります。 
  • Arnold Denoiser パラメータは、プロダクション レンダリング(ActiveShade ではない)を使用している場合にのみ使用できます。

 

ワークフローは次のとおりです。

  1. Denoiser タブに移動し、Arnold Denoiser の下で Output Denoising AOVs を有効にします。この操作を行うと、Arnold デノイザーに必要な normal、depth、および albedo AOV が自動的に生成されます。
    これらの AOV は AOV タブに表示されませんが、レンダリングした出力に追加されます。
  2. レンダリングの出力先が EXR であることを確認してください。
  3. シーンをレンダリングします。Arnold はビューティ ファイル(ID が有効)と共に、ノイズ除去に必要な AOV が格納されている、このファイルの EXR バージョンを保存します。これらのファイルには、ビューティ ファイルの名前の後に「_Noice_Input」を付加した名前が付けられます。
  4. Denoiser タブに移動します。
  5. Input 内および出力(ノイズ除去された)ファイルのディレクトリ内で、レンダリングされた _Noice_Input EXR イメージを選択します。
  6. 単一フレームのノイズを除去するのか、それともシーケンスのノイズを除去するのかを選択してから、Denoise を選択します。選択した設定に基づいて、ノイズ除去プロセスが開始します。 ノイズ除去されたイメージは、名前の後に「_denoised」が付加されて、出力ディレクトリに保存されます。

Output Denoising AOVs

オプションの AOV を自動的に出力します(diffuse_albedo、Z、N)。 Arnold デノイザー、マルチレイヤ EXR、または Kick を使用したノイズ除去に使用する必要があります。

Input

ノイズを除去するイメージまたはイメージ シーケンスのパス。

Output

ノイズを除去した出力ファイルのパスを設定します。 出力ファイルには、元のレイヤと同じ名前を持つ、ノイズが除去されたレイヤが含まれます。 ファイルごとに、「_denoised」という接尾辞が付いた新しいファイル(ノイズが除去されたイメージ)が保存されます。

保存されるのはメインの RGBA レイヤのみであるため(補助 AOV は保存されない)、ファイルの出力サイズは入力ファイルと異なります。

 

シーケンス全体、単一フレーム、またはフレーム範囲の中からレンダリング対象を選択します(例:. 1 ~ 10)。 

  • Complete sequence: 指定されたイメージ シーケンスのすべてのフレームのノイズを除去します。

  • Single frame: イメージ シーケンス内の、Start Frame で指定された単一フレームのノイズを除去します
  • Start/End Frame range: Start Frame および End Frame で指定されたフレーム範囲のノイズを除去します。

Temporal Stability Frames

一時的に安定性を高めるために使用される追加イメージの数 時間軸におけるちらつきを抑えるために、複数の追加フレームを指定できます( render001.exr, render002.exr, render003.exr など)

Variance

フィルタの強度は、分散パラメータで決定され、分散が大きいほど、ノイズ除去は強力になります。 通常、分散に適した値(低/中/高)はそれぞれ 0.25/0.5 (既定値)/0.75 です。
ノイズを除去するときの Noice のアグレッシブさをコントロールするには、コマンド ライン引数 -variance (-v)を使用して分散しきい値を設定します。既定値は 0.5 です。値が大きいほど、カラーの差異が大きいものを類似した近傍であると判断し、よりアグレッシブにノイズを除去します。

 

Pixel Search Radius

類似した近傍が見つかる領域です。 値が大きいほど精度は上がりますが、ノイズ除去のコストが増大します。すべてのピクセルで、Noice はコマンド ライン引数 -searchradius (-sr)で設定された半径を持つ正方形領域を検索します。 この領域が大きいほど、ノイズ除去の安定性は高まり、考慮しなければならない類似した近傍が見つかる可能性は高くなります。既定値は 9 で、隣接範囲は 19 x 19 の正方形になります。 21 (42 x 42 の検索範囲)に設定すると、5 つのフレームをロードするのと同等なピクセル領域が検索されます。

 

Pixel Patch Radius

ノイズ除去の柔らかさを向上させます(フィーチャは常に維持されます)。既定値は 3 (大きい側)です。0 または 1 に設定すると効果が低くなり、3 が中間値、5 で最も効果が高くなります。

すべてのピクセルで、Noice は近接するパッチを考慮し(Noice はツール名で、noise と nice からの造語であり、「ノイス」と読みます)、類似した隣接パッチを持つ他のピクセルを探します。 この隣接範囲の半径は、-patchradius (または -pr)コマンド ライン引数を使用してコントロールできます。既定値は 3 に設定されていて、隣接範囲は 7 x 7 の正方形になります。

Denoise

ノイズ除去を設定する場合の最終手順です。ログ領域で、選択範囲内のすべてのファイルに対して noice.exe が呼び出されることがわかります。

 

  • No labels
Privacy settings / Do not sell my personal information / Privacy/Cookies