MaterialX の外観を適用します。オペレータは、ネイティブの Arnold シェーダと MaterialX 標準ライブラリをサポートします。

MaterialX の詳細については、こちらを参照してください。

Enable

オペレータを有効/無効にします。 無効なオペレータは、オペレータ グラフの評価時には無視されます。

Selection

このオペレータが影響を与えるノードを選択するエクスプレッション。エクスプレッションの構文については、選択式のドキュメントで、いくつかの例を挙げて説明しています。オペレータプロシージャルに接続されている場合、選択はプロシージャルのネームスペースに対して相対的であると見なされることに注意してください。

Filename

1 つまたは複数の外観を含む MaterialX ソース ドキュメント。ソース ドキュメントは、ファイルまたはインライン XML 文字列のいずれかです。

Look

MaterialX ドキュメントから使用される現在の外観バリアント名。

Assign Materials

マテリアルの割り当てを有効/無効にします。

Assign Properties

プロパティの割り当てを有効/無効にします。

Assign Visibilities

表示設定の割り当てを有効/無効にします。

入力

接続された上流オペレータ ノード。 

  • No labels