Cryptomatte

ビューティ AOV/Cryptomatte マテリアル AOV

 

Arnold は、Cryptomatte (Psyop によって作成された ID マット作成ツール)をサポートしています。モーション ブラー、透過性、および被写界深度をサポートして、ID マットを自動的に作成します。 名前、オブジェクト ネームスペース、およびマテリアル名を使用して、シーンの ID マットを整理できます。

AOV では、次の Cryptomatte AOV を使用できます。

  • crypto_asset は、すべてのアセットに同じマットを作成します。
  • crypto_material は、割り当てられているシェーダに基づいてマットを作成します。
  • crypto_object は、オブジェクト名に基づいてマットを作成します。
 

  • Render Settings ウィンドウの AOV タブに AOV Browser で必要な Cryptomatte AOV を作成します。AOV を選択し、それをアトリビュート エディタに表示します。 Custom AOV の下の Shader に表示されます。

 

  • シーンをレンダリングします。 これで、Cryptomatte AOV を Arnold RenderView ウィンドウで使用できるようになります。

 

 

  • No labels