このシェーダは、直接的な太陽放射関数など、Hosek-Wilkie のいくつかの空放射モデルを実装しています。このシェーダを環境または Skydome ライトのカラー入力に接続したり(重点サンプリングを効率的に実行できるメリットがあり、太陽の周囲の明るい領域に多くのレイを送れます)、環境シェーダとして直接追加したりできます。 現在、このシェーダは GI 拡散反射光と鏡面反射光には表示されません。 光源として使用するには、小さなコロナの作成に十分な解像度を設定した skydome_light にこのシェーダを接続する必要があります。

これは実験的なシェーダです。十分なテストは行われていますが、プロダクションで使用する前には注意してください。

アニメーション中にちらつきが発生する場合は、skydome_light の解像度が低すぎて太陽をキャプチャできないためである可能性があります。skydome_light の解像度を大きくしてください。

physical_sky シェーダの本来の性質により、水平線が作成され、カメラの位置に応じて水平線の下に地面が常に暗く表示されます。


physical_sky アトリビュート

 

Physical Sky は極性の座標システムを使用します。高度には 0 ~ 180 度(日出から日没まで)の角度を設定します。天頂の太陽は 90 度です。方位角には 0 ~ 360 度の角度を設定します。

Ai Sky シェーダphysical_sky を使用することはお勧めしません。physical_skyAi SkyDome light または Environment に直接接続する必要があります。

 

Turbidity

濁度は、大気中に浮遊する物質量(塵、湿度、氷、フォグ)を決定します。これを使用すると、空の見た目を簡単に定義できるため、太陽と空の色に影響を与えられます。

濁度の値は 1 ~ 10 です。

2: 常にクリア、北極のような空になります。
3 (既定): 温暖な気候のクリアな空になります。
6: 温暖で湿り気のある日の空になります。
10: 少し霞がかかったような日になります。

Ground Albedo

惑星のサーフェスから大気に反射するライトの量です。これは 0 ~ 1 の RGB 値で、0 0 0 は黒の地面を、1 1 1 は白の地面を表しています。 この効果はほんの少しです(下図の上隅で確認できます)。

Elevation

太陽と確認可能な水平線の角度です。角度の範囲は 0 ~ 180 度です(90 ~ 180 度は 0 ~ 90 度のミラー反射です)。

左 - 太陽の仰角: 0 ~ 48 度(方位角 0 ~ 360 度)。 右 - 太陽の仰角: 0 ~ 20 度。

Azimuth

水平線に沿った太陽の角度です。北から測定し、東に向けて増えていきます(0 ~ 360 度)

Intensity

強度は空の放射のスカラー乗数です。この値は sky_tint に似ています。ただし、sky_tint には RGB 値が使用され、intensity にはスカラー値(調整が容易)が使用されます。

Sky Tint

空のカラーの「色合いを調整する」カラーを設定できます。スカイ ティントは微妙な配色の調整に使用する必要があります。 少し深みのある青の空を作成する場合などです。

Sun Tint

太陽のカラーの「色合いを調整する」カラーを設定できます。これは微妙な配色の調整に使用する必要のある RGB 乗数です。微妙な配色を調整しないと、物理的に正確な結果が得られず、(両方の色付けがまったく同じになるまで)太陽と空の間のカラーに微妙なずれが生じます。

Sun Size

目に見える太陽のサイズを設定します。「芸術的な」観点から太陽のサイズを変更することができます。ただし、0.51 が地球から見たときの太陽の立体角(度)です。この値を大きくすると、太陽の領域サイズが大きくなるため、よりソフトなシャドウが作成されます。

Enable Sun

太陽の表示の有効と無効を切り替えるスイッチです。

Orientation XYZ

特定の状況下で、physical_sky の方向を変更するのに役立つ場合があります。たとえば、シーンの上方向が +Y ではなく +Z にマップされている場合などです。

これらのコントロールは、physical_sky シェーダの Extra Attributes に配置されています。

Y アップ軸(既定値)

Z アップ軸

輝点ノイズ

ガラス サーフェスと physical_sky シェーダを使用してシーンをレンダリングするときに輝点ノイズが現れることがあります。これは、Background に接続された physical_sky の太陽の円形が原因です。別の Physical Sky を、enable_sun を無効にした Background に接続することで、この問題を回避できます。

Background は廃止されており、将来のリリースで削除される予定です。 代わりに、physical_skyskydome_light に接続する必要があります。

 

 

その他の例

  • No labels