[input_min, input_max]から[ouput_min, output_max]の範囲に入力を線形に再マップします。結果は、smoothstep を有効にしないかぎりクランプされません。結果はスムーズに補間され、[output_min, output_max]の範囲でクランプされます。

Input

範囲を適用する入力シェーダ。

Input Min

使用する最小入力値。

Input Max

使用する最大入力値。

Output Min

使用する最小出力値。

Output Max

使用する最大出力値。

Smoothstep

有効な場合、リマップはスムーズ ステップ機能を使用して実行されます。有効でない場合は、線形に実行されます。

Contrast

Contrast Pivot を中心とするスケール値です。 

Contrast Pivot

コントラスト スケーリングの原点です。 既定は 0.18 であり、平均的な知覚認識の中間グレーになります。

Bias

範囲の開始のスロープを変更して足す、または引く値を設定します。Bias の値が 0.5 未満の場合は、スロープがゆるやかになり、全体の値が小さくなります。0.5 を超えると、スロープが急になり、値はすばやく上昇します。値が 0.5 の場合、効果はありません。

Gain

中間範囲の値のスロープを増加または減少させます。 Gain の値が 0.5 未満ではコントラストが増加するのに対し、0.5 を超えると、中間範囲の値がフラットになります。 値が 0.5 の場合、効果はありません。

 

 

 

range シェーダを介して specular_roughness に接続されている「Scratches」テクスチャ

  • No labels
Privacy settings / Do not sell my personal information / Privacy/Cookies