Silhouette

オブジェクト/シェーダの ID の違いによって検出されたエッジ線は、シルエットと呼ばれます。 このオプションが有効である場合、シルエット線は、silhouette_colorsilhouette_width_scalesilhouette_opacity、および silhouette_tonemap を使用して描画されます。これが無効の場合、silhouette 線は内側のエッジ線の設定を継承します。つまり、edge_color、edge_width_scale、edge_opacity、および edge_tonemapを使用して描画されます。

有効。イメージの上にカーソルを合わせると、無効(既定)の場合を確認できます。


シルエットの効果も、以下の屋内シーンでは、柱や階段(1 つずつに分かれたオブジェクト)のエッジ線ではっきりと分かります(イメージの上にカーソルを合わせて確認)。

無効(既定)。 イメージの上にカーソルを合わせると、有効の場合を確認できます。

Color

シルエット エッジの色。 線のスタイルはここで、テクスチャを使用してコントロールできます。

トーン マップ

ランプ ノードをここに接続すると、silhouette_colorbase のシェーディング結果に基づいて変更されます。

Opacity

シルエットの透明度をコントロールします。

幅のスケール(Width Scale)

シルエットの最大の太さは、contour filterwidth パラメータで決定されます。 その値にこのパラメータを乗算した結果が実際の太さになります。 線の太さとテクスチャを組み合わせることにより、線のスタイルをコントロールすることができます。

Toon シェーダは、常に内側のエッジ幅よりも幅広くシルエットの幅を指定します。

silhouette_width_scale を 1 より大きくするには、contour filter width を増やす必要があります。 ただし、レンダリングの時間が長くなります。

  • No labels