「Light」アトリビュートに追加されたライト シェイプの名前

Light

定型ハイライトに使用するキー ライトの名前を指定します。 「lightShape1;lightShape2」とセミコロンで区切った文字列を使用して、複数の光源を指定できます。 サポートされるライト タイプは、distant、point、spot、photometric です。

  • mesh ライトと skydome ライトの場合、結果がぼやけることがあるため、これらのライトはサポートされていません。
  • stylized_highlight はカーブでは効果がありません。これは、将来のリリースで修正される予定です。
  • stylized_highlight では smooth_tangent が有効なサブディビジョンが必要です。そうでないと、アーティファクトが表示される可能性があります。

  • Toon シェーダは UV マップを使用してスムーズな接線を計算します。UV マップがないと、ポリゴン エッジ、またはサブディビジョンのパッチ エッジに不連続性が生じることがあります。UV を割り当てた場合、不連続性は UV マップに継ぎ目がある場所でのみ表示されます。また、接線ソースを toon.tangent に直接アタッチすることもできますが、UV の継ぎ目を非表示にする方が簡単な場合があります。

イメージの上にカーソルを合わせると、Stylized Highlight が適用されていない場合を確認できます。

 

複数の(青および赤)ライトをスタイライズド ハイライトに使用 - 「directionalLightShape1;directionalLightShape2」

Color

任意のテクスチャ(または RGB タイプ ノード)を使用してオブジェクトにスタイライズド ハイライトを作成することができます。 何も接続されていない場合、stylized_highlight は無効になります。

反射した Highlight Color をコントロールするために使用されるグラデーション ランプ(ディレクショナル ライト)。イメージの上にカーソルを合わせると、これを適用しない場合を確認できます。

ソリッド カラーを使用すると、円形のハイライトが適用されます。


Stylized Highlight Color に接続されたテクスチャを使用するときは、次の点を考慮する必要があります。

次の例では、右側のティー ポットに Highlight Color として使用されているウィンドウ化されたテクスチャは、イメージの周囲に十分なスペースがあるため正しくレンダリングされています。

Size

スタイライズド ハイライトのサイズです。

 

 

  • No labels