volume_sample_float シェーダは、新しいボリューム API のボリューム チャネルをサンプルします。 カラー修正など、チャネルの読み取り結果をさらに編集する必要がある場合、standard_volume シェーダのコンポーネントの 1 つにプラグインする必要があります。 ボリュームのワークフローの詳細については、ボリュームのページを参照してください。

volume_sample_float シェーダと volume_sample_RGB シェーダの両方が同一のサンプリング コントロールを共有しており、唯一の相違は RGB または浮動小数点数という出力の種類のみです。

これらのパラメータは、パフォーマンス上の理由により、テクスチャ化できません。

 

Volume Sample Float Attributes

Channel
空白でない場合、このチャネルは scattering パラメータではなく、ボリュームの散乱の値をサンプリングするために使用されます。

Position Offset

ボリューム データをフェッチするために指定されたチャネルを使用するときに、ボリューム サンプリング位置に適用されるオブジェクト スペースのオフセットです。これは、ボリューム データのディスプレイスメントを実行するのに便利です。

位置のオフセットにノイズ テクスチャを接続して結果を確認する必要があります。

Interpolation

指定されたチャネルを使用するボリューム データのサンプリング時に使用するボクセルの補間です。

Volume Type

ボリューム データをフォグ(密度)または SDF(符号付き距離関数)として解釈します。SDF モードでは、内側が一定の密度 1 に変換されます。

Signed Distance Function

Offset

SDF 値をこの距離でオフセットして、SDF の境界シェイプをダイレートまたはエロードできるようにします。


Blend

SDF のエッジを滑らかにするための距離。


Invert

既定では、正の距離は境界の外側のスペースを表し、負の距離は内側のスペースを表します。このパラメータは、この規則を逆にすることができます。

 

Remap Attributes

これらは、任意の範囲にサンプリングされた浮動小数点値を再マップするのに便利なパラメータです。 操作もパラメータと同じ順序で適用されます。 

Input Min / Max

内部で[0, 1]にマッピングされる入力値の範囲です。内部値は固定されません。

Input Min

Input Max

Contrast

Contrast Pivot を中心とするスケール値です。

Contrast Pivot

コントラスト スケーリングの原点です。

(Contrast 1.5)

Bias

範囲の開始のスロープを変更してプッシュまたはプル値を設定します。Bias の値が 0.5 未満の場合は、スロープがゆるやかになり、全体の値が小さくなります。 0.5 を超えると、スロープが急になり、値はすばやく上昇します。値が 0.5 の場合、効果はありません。

Gain

中間範囲の値のスロープを増加または減少させます。 Gain の値が 0.5 未満ではコントラストが増加するのに対し、0.5 を超えると、中間範囲の値がフラットになります。 値が 0.5 の場合、効果はありません。

Output Min / Max

内部値を出力に再マップする範囲です。既定では固定が行われません。Clamp Min / Max を参照してください。

Output Min

Output Max

Clamp Min / Max

有効になっている場合、出力値は、Output Min および/または Output Max で固定されます。

 

 

  • No labels