volume_sample_RGB シェーダは、新しいボリューム API のボリューム チャネルをサンプルします。カラー修正など、チャネルの読み取り結果をさらに編集する必要がある場合、volume_standard シェーダのコンポーネントの 1 つに接続する必要があります。

volume_sample_float シェーダと volume_sample_RGB シェーダの両方が同一のサンプリング コントロールを共有しており、唯一の相違は RGB または浮動小数点数という出力の種類のみです。

これらのパラメータは、パフォーマンス上の理由により、テクスチャ化できません。

このシェーダの使い方を説明するチュートリアルは、こちらにあります。

 

Volume Sample RGB Attributes

Channel 

空白でない場合、このチャネルは scattering パラメータではなく、ボリュームの散乱の値をサンプリングするために使用されます。

Position Offset

ボリューム データをフェッチするために指定されたチャネルを使用するときに、ボリューム サンプリング位置に適用されるオブジェクト スペースのオフセットです。これは、ボリューム データのディスプレイスメントを実行するのに便利です。

位置のオフセットにノイズ テクスチャを接続して結果を確認する必要があります。

Interpolation

指定されたチャネルを使用するボリューム データのサンプリング時に使用するボクセルの補間です。

 

Adjustment Attributes

Gamma

カラーにガンマ補正を適用します。

Hue Shift

色相を回転します。値 1 は一回転を意味します。

Saturation

この係数によって彩度のスケールを変更します。

Contrast

contrast_pivot を中心とするスケール値です。

Contrast Pivot

コントラスト スケーリングの原点です。既定は 0.18 であり、平均的な知覚認識の中間グレーになります。

(Contrast 3)

Exposure

写真の F ストップ スケールを使用してカラーを乗算します。ここで値を 1 大きくすると、明度が 2 倍になります。

Multiply

この係数でカラーを乗算します。

Add

この値をカラーに追加します。

 

  • No labels