クラス

Shader

出力

RGBA

概要

color_correct ノードを使用すると、イメージのガンマ、色相、彩度、コントラスト、露出を調整することができます。次のオペレータを使用して Input カラーを変更すると、パラメータと同じように適用されます。 

 


input

カラー補正に適用する入力カラーです。

alpha_is_luminance

入力アルファを無視して、RGB カラーの輝度に出力アルファを設定します。

alpha_multiply

出力アルファを係数で乗算します。

alpha_add

出力アルファに値を追加します。

色反転

入力 RGB カラーを反転します。

invert_alpha

入力アルファを反転させます。

gamma

カラーにガンマ補正を適用します。

 

hue_shift

色相を回転します。値 1 は一回転を意味します。 

 

彩度

この係数によって彩度のスケールを変更します。

 

コントラスト

Contrast Pivot を中心とするスケール値です。 

 

contrast_pivot

コントラスト スケーリングの原点です。 既定は 0.18 であり、平均的な知覚認識の中間グレーになります。

 

exposure

写真の F ストップ スケールを使用してカラーを乗算します。ここで値を 1 大きくすると、明度が 2 倍になります。

 

multiply

この係数でカラーを乗算します。

 

add

この値をカラーに追加します。

 

mask

Input カラーと補正したカラーをブレンドします。

  • No labels
Privacy settings / Do not sell my personal information / Privacy/Cookies