クラス

Shader

出力

(null)

概要

 

上記の例で使用されている OSL シェーダは、こちらにあります。

 

Open Shading Language を使用して独自のシェーダを作成することができます。 OSL シェーダは、シンプルなテクスチャ パターンから本格的なマテリアルまで、あらゆるものをクロージャを使用して実装するのに使用できます。 OSL シェーダはプラグイン検索パス内に配置することができ、その他のタイプのシェーダと同じように自動的にロードされます。ロードされたら、C++ シェーダと同じ方法で検査、インスタンス化、およびリンクできます。osl ノードは OSL シェーダをロードする代替手段を提供します。これを使用すると、特定のマテリアルのシェーダ コードを書き込むことができます。シェーダ名またはコードを設定すると、OSL シェーダのパラメータが、設定またはリンクするノードに自動的に表示されます。

現時点でサポートされる出力パラメータは 1 つだけという制限事項があります。

shadername
ロードするシェーダの名前です。シェーダ検索パスで参照する .osl と .oso の拡張子またはファイルのフルパスを持つまたは持たないに関係なく、シェーダ ファイルの名前を指定できます。
code
OSL シェーダのコードを含む文字列で、別のファイルからロードするのではなく、ノードに直接埋め込まれています。

 

 

  • No labels
© 2020-2021 Autodesk. All Rights Reserved / website terms / privacy/cookies / ccpa settings