Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.
Center

Denoiser

 

Arnold Denoiser

Multiexcerpt include
MultiExcerptNamenoice_synopsis
nopaneltrue
PageWithExcerptA5AFMUGJPN:Arnold Denoiser

Note
  • The Arnold Denoiser requires that the parameter "Output Denoising AOVs" is enabled before rendering in the render settings を使用するには、レンダリング設定(Denoiser tab タブ).でレンダリングする前に「Output Denoising AOVs」パラメータを有効にする必要があります。 
  • The Arnold Denoiserparameters are only available when using Production rendering (not ActiveShade). パラメータは、プロダクション レンダリング(ActiveShade ではない)を使用している場合にのみ使用できます。

 

The workflow is as follows:

...

ワークフローは次のとおりです。

  1. Denoiser タブに移動し、Arnold Denoiser の下で Output Denoising AOVs を有効にします。この操作を行うと、Arnold デノイザーに必要な normal、depth、および albedo AOV が自動的に生成されます。
    これらの AOV は AOV タブに表示されませんが、レンダリングした出力に追加されます。
  2. レンダリングの出力先が EXR であることを確認してください。
  3. シーンをレンダリングします。Arnold はビューティ ファイル(ID が有効)と共に、ノイズ除去に必要な AOV が格納されている、このファイルの EXR バージョンを保存します。これらのファイルには、ビューティ ファイルの名前の後に「_Noice_Input」を付加した名前が付けられます。
  4. Denoiser タブに移動します。
  5. Input 内および出力(ノイズ除去された)ファイルのディレクトリ内で、レンダリングされた _Noice_Input EXR イメージを選択します。
  6. 単一フレームのノイズを除去するのか、それともシーケンスのノイズを除去するのかを選択してから、Denoise を選択します。選択した設定に基づいて、ノイズ除去プロセスが開始します。 ノイズ除去されたイメージは、名前の後に「_denoised」が付加されて、出力ディレクトリに保存されます。

Output Denoising AOVs

Multiexcerpt include
MultiExcerptNameOutput Variance AOV
nopaneltrue
PageWithExcerptA5AFMUGJPN:AOVs

...

Privacy settings / Do not sell my personal information / Privacy/Cookies