技術仕様

一般
  • 映画プロダクションのレンダリングに最適なレイ トレース ソリューション
  • 偏りのない物理に基づいた単方向パス トレーサ
  • クロスプラットフォーム(Windows、Mac OS X、Linux)
パイプライン
  • 柔軟性と拡張性に優れたノードに基づいたアーキテクチャ
  • ユーザ データ 定義(primvars)
  • C++ API (Python をバインディング)
  • レイ サーバの機能
ワークフロー
  • 微調整するパラメータの減少
  • プログレッシブ リファインメント
  • シーン要素のプログレッシブ修正
  • マルチコア CPU および SSE ユニットのフル活用
プリミティブ
  • 少ないメモリ使用で非常に大きなポリゴンをサポート
  • リボンと厚肉(円柱)モードで分析的にレイ トレースしたカーブ。レンダー時にオプションでスクリーン領域の幅を固定
  • 何億ものパーティクルを効率的にレンダリングするためのポイント プリミティブ
  • 解析プリミティブ(ボックス、円錐、球、円柱、円盤、平面)
  • トリミングされていない NURBS
  • インプリシット サーフェス
  • ボリューム(OpenVDB のネイティブ サポートを含む)
サブディビジョンおよびディスプレイスメント
  • Catmull-Clark およびリニア サブディビジョン
  • 任意のカメラに基づいた適応型サブディビジョン
  • ベクトル ディスプレイスメント
  • 自動バンプ
インスタンス
  • 大量のインスタンスの最適化
  • トランスフォームとシェーディングのオーバーライド
プロシージャル ジオメトリ
  • レンダリング時のジオメトリ ノードの作成遅延
  • シーンのモジュール アセンブリ(DSO、.ass、.ply、.obj)
  • 再帰的プロシージャル
カメラ
  • パース、魚眼、球状、円柱状、直交、VR
  • ボケ効果
  • 被写界深度
  • カスタム カメラを書き出すための API
  • 周辺減光のような効果が得られるフィルタマップ
  • カスタム レンズの歪みに使用される UV マッピング
出力ドライバ
  • 共通フォーマット(JPEG、TIFF、PNG、EXR)用のビルトイン ドライバ
  • ディープ イメージ データ サポート(EXR)
  • データ型の任意の出力変数(AOV)
  • AOV ごとのフィルタリング
  • カスタム ドライバ用の API
テクスチャ システム
  • OpenImageIO のカスタムの分岐ごと
  • 最新の異方性フィルタリング
  • テクスチャ タイルの必要に応じたロード
  • 大量のテクスチャ データ セットを効率的にレンダリングするためのメモリ内キャッシュ
  • 最大 256 スレッド用に最適化された低遅延テクスチャ ルックアップ
  • 同一ピクセル内容のファイルのリロードを回避するファイル単位のテクスチャ チェックサム
モーション ブラー
  • 効率的なトランスフォームとデフォメーション モーション ブラー
  • すべてのパラメータがモーション ブラーを潜在的にサポート
ライト
  • 多重重点サンプリングを使用した高品質なエリア ライト(四角形、円盤、円柱状、球状、メッシュ状、スカイドーム、IES)
  • 重点サンプリングを使用したスカイドームと四角形ライトのイメージベースのライティング
  • ライト フィルタ(減衰、ゴボ、ブロッカなど)
  • 均質および不均質のボリュームに関係するメディア
シェーディング
  • プログラミング可能なシェーダ用の C++ API
  • プログラミング可能なシェーダ用の OSL サポート
  • 物理ベースの BSDF
  • プロシージャル テクスチャ プリミティブ(perlin、ノイズ、フラクタル ノイズ、セル)
  • メッセージの受け渡し
  • ポイントクラウドのないレイトレースしたサブサーフェス スキャッタリング
ネイティブ シーンの説明形式(ASS)
  • 解読可能で簡単な微調整
  • kick を介したスタンドアロン レンダリング
  • 使いやすいパイプライン
  • ファイルの結合、アセンブリの簡単な構築
デバッグ
  • レンダラーのネイティブ機能としてのデバッグ モード
  • レンダリング プロセス全体のログ
  • 「Ignore」オプションとユーティリティ シェーダ
ライセンス設定
  • Reprise Software の RLM に基づいたフローティング ライセンス スキーム

 

  • No labels