ボリューム シェーダを使用すると、フィールド値をサンプリングしてカラーおよび不透明度にマッピングすることで、3D スカラー データ フィールド(たとえば、密度フィールド)を視覚化することができます。ボリューム シェーダを volume shapes (たとえば、Arnold Volume オブジェクト)に割り当てることができます。

大気シェーダ は、霧など、シーン内のライト散乱効果をシミュレートする特別なボリューム シェーダです。大気シェーダは、Arnold Render settings > Arnold Renderer > Environment > Atmosphere フィールドで設定する必要があります。

ボリュームのワークフローの詳細については、ボリュームのページを参照してください。


MtoA で利用可能なボリューム シェーダの一覧は、次のとおりです。


ボリューム シェーディング ネットワークは、できる限り無駄なく保つことをお勧めします。これは、ボリュームコンテキストのレンダリング回数で非常に頻繁に評価されるため、重要です。

  • No labels