Gobo filter -> spot lightImage -> slide_map


ゴボ フィルタはスポット ライトでのみ使用できます。 舞台ステージのライティングでは、ゴボ(または「クッキー」、Cucoloris の略語)とは、木の葉などの不規則でより自然なパターンに光線を分割するのに使用される穴の空いた薄い金属のシートのことです。 コンピュータ グラフィックスの世界では、ゴボは「スライド プロジェクタ」を指す場合があります(または「プロジェクタ ライト」とも呼ばれますが、Arnold では、ゴボは光源自体ではなく、スポット ライトの光源に適用されるフィルタのことです)。 テクスチャ マップまたはプロシージャル シェーダは、ライトを通して投影することができます。


ゴボ フィルタを使用するチュートリアルについては、こちらを参照してください。


Filter Mode

ゴボのスライド マップのブレンドの式は、ライトの出力と組み合わせます。 「Blend」は既定のゴボ効果を生み出します。 「Replace」はスライド マップとスポット ライトを掛け合わせます。 「Add」はスポット ライトとゴボを掛け合わせます。 「Sub」はスライドのマップの RGB 値を反転します。 「Mix」はスポットライトとスライド マップの間で結果を均等に平均化します。

Slide Map

ゴボ効果を生み出すのに使用されるテクスチャ マップ。

Density

ゴボの密度をコントロールします。値が大きいほど、不透明度が高くなるため、通過するライトは少なくなります。

Offset

スライド マップの方向をオフセットするために使用される UV 座標値。

S Scale

S 方向のスライド マップに使用されるテクスチャをスケールします。

T Scale

T 方向のスライド マップに使用されるテクスチャをスケールします。

S Wrap

2D テクスチャ マップが S 方向のサーフェスでどのように繰り返されるかをコントロールします。

T Wrap

2D テクスチャ マップが T 方向のサーフェスでどのように繰り返されるかをコントロールします。



  • No labels