ファイル出力を制御するには、Render Settings ウィンドウの Common タブを使用し、File Output グループを展開します。

 

Image format コントロールを使用すると、利用可能な Arnold 出力ドライバ ノードから選択できます。

それぞれの場合で、ファイル名を指定し(または空白の場合はシーン名を使用)、出力ドライバに応じてさまざまなオプションを選択できます。

進行中のレンダリングの出力イメージを表示する方法があります。 次のように実行する必要があります。
  • EXR でタイル表示するように出力を設定します。zip で十分です。
  • バケット スキャン方式を「top」に設定します。
  • Imf_disp などのビューアを使用します。

Merge AOVs

このオプションは、複数の AOV レイヤを 1 つのマルチチャネル EXR に保存します。 すべての有効化された AOV を 1 つのイメージ ファイルに書き込み、EXR のレイヤに「RenderPass」という名前を付けます。

Color Space

Color Space アトリビュートを使用すると、特定のカラー スペースを設定して、レンダリングされたイメージを出力できます。 既定では、8 ビット イメージでは Use View Transform オプションにより View Transform (既定では sRGB ガンマ)を使用し、16/32 ビット イメージでは Use Output Transform オプションにより Apply Output Transform to Renderer (既定では無効)を使用します。 Raw オプションとは、カラー トランスフォームを一切適用しないということです。

 

Maya のカラー管理プリファレンスから Apply Output Transform to Renderer を有効にすると、Use Output Transform オプションを選択した場合、レンダラに専用のカラー スペースを設定できます。

 

Apply Output Transform to Renderer が無効である場合、Raw オプションまたは Use Output Transform オプションを使用すると、カラー トランスフォームは適用されません。そのため、カラー管理プリファレンスのレンダリング スペースは、出力のカラー スペースになります。

 

 

  • No labels
Privacy settings / Do not sell my personal information / Privacy/Cookies