このチュートリアルを履修する必要はなくなりました。代わりに Toon シェーダを使用してください。

 


このチュートリアルでは、Arnold を使用して「定型化した」カートゥーン シェーディング エフェクトを作成する方法について説明します。ここでは、utility シェーダと color シェーダとともに facing_ratio を使用して、エフェクトを調整します。

このシーンで使用されているシェーダは、こちらからダウンロードできます。

この一連のチュートリアルの元の Maya シーン ファイルは、オートデスクの Hyperspace Madness プロダクションからダウンロードできます。

ワークフロー

Standard Surface

  • standard_surface シェーダを作成してジオメトリに割り当てます。 この例では、ジャガーノートのモデルには 2 つの standard_surface シェーダが割り当てられています(グレーおよび青)。
  • ランプ シェーダを作成します。ランプの 4 つの色を作成します(黒(アウトライン)、ダークグレー、ライト グレー、白)。 モデルのグレーおよび青の部分に個別の色を追加するため、後で color_correct シェーダを使用します。 このようにすると、シーンのすべてのトゥーン シェーディングを制御するために必要なランプは 1 つだけになります。

この例では、standard_surface シェーダを使用しています。 または、utility シェーダを使用して、shade_modeflat に設定することもできます。

  • color_correct シェーダを作成し、standard_surface シェーダの emission_color に接続します。 emission を 1 に増やします。 base および specular_weight を 0 に減らします。これらのアトリビュートは、このトゥーン シェーディングには不要なためです。 ランプを color_correctinput に接続します。

Facing Ratio

  • ランプの 2D テクスチャを削除し、facing_ratio シェーダをランプの UV 座標の U パラメータに接続します(Ramp Type が U に設定されていることも確認します)。

ランプの uCoord に接続されているランプの出力値

Utility シェーダ

ランプに接続されている utility シェーダ(shade_modenodoteye に設定)は、同様の対向率エフェクトを作成するためにも使用できます。 color モードを試して、さまざまなトゥーン シェーディング エフェクトを生成することもできます。 ndoteye シェーディングは鏡面反射光には表示されないことに注意してください。

 Color Correct

  • color_correct シェーダは、ランプにカラーを追加するために使用します。これは、トゥーン シェーディング エフェクトの調整にも使用できます。
  • multiply カラーを目的のシェーディングのカラー(この例では青)に変更します。

color_correct シェーダの multiply に追加された青色


  • シーンのすべてのシェーダにこの手順を繰り返します。

同じランプと facing_ratio シェーダに接続された複数のシェーダ


facing_ratio シェーダは、カートゥーン シェーディング エフェクトの外観を詳細に制御するために使用できます。 以下に、bias アトリビュートと gain アトリビュートを調整した結果を示します。

Bias
Gain

range シェーダも、ランプの入力値を再マップすることによって、カートゥーン シェーディング エフェクトを微調整するために使用できます。

emission_color に接続された range シェーダ。イメージの上にカーソルを合わせて接続なしの状態を確認。



これで、カートゥーン シェーディングのチュートリアルは終わりです。 オートデスクの Hyperspace Madness プロダクションから無料で使用できるモデルを使用して、これらのシェーディング テクニックを試してください。


Surface Luminance

このノードは、環境内のあらゆるライトに基づいてシェーディングを変更するのに使用できます。 次の例では、Surface Luminance シェーダは、standard_surface シェーダの base_color に接続されているランプの V 座標を制御するのに使用されています。

ランプの V 座標に接続されている Surface Luminance シェーダ

 

 

  • No labels
© 2020-2021 Autodesk. All Rights Reserved / website terms / privacy/cookies / ccpa settings