Layer シェーダは、最大 8 つのシェーダを混合するために使用します。 アルファ アトリビュートに従って、Layer1Layer2線形補間を返します。 アルファの値が 0 の場合は Layer1 を出力し、値が 1 の場合は Layer2 を出力します。値が 0.5 の場合は Layer1 と Layer2 を均等にブレンドします。 各レイヤには、指定したレイヤをアクティブ/非アクティブにするフラグがあります。 シェーダは、入力としてサーフェス シェーダを想定し、不透明度もブレンドします。レイヤは順番に適用されます。

 

Enable (1-8)

レイヤ全体を有効/無効にします。

Name (1-8)

レイヤ名。

Input (1-8)

レイヤの入力値。

Mix (1-8)

シェーダ間のブレンドの量をコントロールします。

 

layer_shader ネットワークの使用例

  • No labels