You are viewing an old version of this page. View the current version.

Compare with Current View Page History

Version 1 Next »

Compression

Specify the type of compression used.

Format

Specify whether 8, 16, 32 bit or floating point is used.

Tiled

スキャンラインまたはタイル モードでファイルを保存できます。 スキャンラインは、NUKE や Fusion のようなコンポジット ソフトウェアを使用すると適切に機能する場合があります。タイルが無効の場合、イメージ全体のバッファ サイズは、シーン内にあるすべての AOV に一度にすべて割り当てられます。有効の場合、Arnold はレンダリングされるバケットを保存するため、イメージ バッファで消費されるメモリを減らすことができます。

Output Padded

クロップ範囲周辺のパディングを定義します。

Gamma

    MultiExcerpt named 'gamma' was not found
The page: drivers was found, but the multiexcerpt named 'gamma' was not found. Please check/update the page name used in the 'multiexcerpt-include macro.

Dither

最終的なピクセル値にノイズをわずかに適用します。これにより、8 ビット出力イメージ ファイル形式に発生する縞状のノイズが最小限に抑えられます。

Unpremult Alpha

Specifies whether the main RGB channel is premultiplied with the alpha channel (the default) or not. It only works with 8-bit output images.

Append

This option enables render check-pointing (or 'append mode'). By setting the corresponding output driver's .append attribute to true, Arnold will preserve previously rendered tiles and only work on the missing ones, appending them to the output files. If no image is present the render will proceed as normal, creating a new image. If image specifications do not match, the render will be aborted.

 

  • No labels
Privacy settings / Do not sell my personal information / Privacy/Cookies