この短いチュートリアルでは、Toon シェーダを使用して古い、すり減った「イラスト風」のスケッチスタイルを作成し、上記のイメージを作成する方法について説明します。また、Base Tonemapping および Edge Detection と、Noise シェーダを使用したバンプ マッピングを組み合わせて、ハッチング効果を作成する方法についても説明します。この変換モデルの使用については、Javier Garcia-Lajara Herrero 氏に感謝いたします。

 

  • まず、Toon シェーダをジオメトリに割り当てます。
  • Filter TypeContour に変更します(Arnold のレンダリング設定)。こうしないと、レンダリングにトゥーンのエッジ シェーディングを表示できません。
  • レンダリングに鏡面反射光シェーディングが不要な場合は、Specular Weight を 0 に減らします。
  •  Skydome ライトを作成してシーンをレンダリングします。  次のように表示されます。

 

エッジの検出

  • Angle Threshold を約 20 前後に減らします(Toon-> Edge Detection)。こうすると、ジオメトリの周囲にさらに詳細なエッジが表示されます。

 

  • エッジが極端に太く、黒い色で表示されます。これを修正するには、Edge Width Scaling を約 0.4 に減らします。

ベース トーンマップ

  • 必要としているイラスト風の効果を出すには、Base シェーディングは暗すぎます。これを調整するには、ランプを使用して、シーン内のライティングが Base シェーディングに与える影響を決定します。黒と白のランプを Base Tonemap に接続し、下のイメージのようになるまでランプ内の白の量を増やします。

ハッチング(ノイズ シェーダ)

次に、トゥーン エッジにハッチング スタイルを追加します。この操作を行うには、サーフェスにバンプ(またはディスプレイスメント)を実行します。

  • Arnold の Noise シェーダを Toon シェーダの Geometry -> Normal (bump mapping)に接続します。
  • Octaves の値を 8 に増やします。Y 方向のスケールを 0.01 に減らします。すると、ノイズが垂直方向に広がって、ハッチング効果のような印象を与えます。

 

  • さまざまなハッチングや点描の効果を得るために、さまざまな Noise シェーダ/設定を試しみてください。

さまざまな Noise シェーダ -> Bump Mapping

 

最終的なレンダリング

  • HDR マップまたは Physical SkySkydome ライトに接続します。
  • Toon シェーダに薄い黄色の Base Color および Emission Color を追加して、すり減った紙の効果を出すこともできます。
  • この場合に使用されるジオメトリの背後にあるポリゴン プレーンを使用して、同様なシェーディングをスカイに追加してください。

 

 

 

  • No labels
Privacy settings / Do not sell my personal information / Privacy/Cookies