概要


この簡単なチュートリアルでは、ボリューム シェーダとノイズ シェーダを組み合わせて雲のエフェクトを作成する方法について説明します。この設定を使用して、さまざまな曇った空を実現することができます。

メッシュ ボリューム

  • 雲の層を表現するには、まず、ボリューム シェーダを割り当てることができるオブジェクトを作成する必要があります。球または立方体を作成して、その高さを縮小します。
  • 球の Step Size を 0.1 前後に増やします。Step Size が正の場合、これによってポリメッシュがボリュームになります。

Step Size のサイズは固定されているため、コンテナを大きくするほど、実行するステップ数が増え、レンダリングの時間が長くなります。また、Step Size が小さすぎると、レンダリング時間が長くなることにも注意してください。


シェーディング

  • Standard Volume シェーダを作成して球体に割り当てます。
  • Noise シェーダを作成し、Standard Volume シェーダの Transparent Weight に接続します。 Octaves の値を 8 に増やします。 Amplitude を 2 または 3 前後に増やすと、さらに曇った外観になります。Scale の値を増やすと、さらに雲が増えます(オブジェクトのサイズによって異なる)。

ライティング

  • 最後に、Skydome ライトを作成して、その Color アトリビュートに Physical Sky シェーダを接続します。 ボリューム内のノイズを減らすには、Skydome ライトの Volume Samples の数を増やす必要があります。


  • No labels
Privacy settings / Do not sell my personal information / Privacy/Cookies