このチュートリアルでは、自動車のスタジオスタイルのショットを複製するための基本的なライティング設定について説明します。自動車を正しくレンダリングするための鍵は、「実世界」のリアルなライティングを使用することです。 多くの作業や「微調整」は、スタジオで自動車に正しくライティングすることにつながります。適切なライティングを行うことは、興味深い鏡面反射を演出するための鍵となり、自動車の美観を強調するのに役立ちます。 ここに用意されているヒントは、このプロセスを容易にすることを目的としています。 シーンは、大規模なスタジオのソフトボックス ライティングを表す quad_light で照らされているだけです。車体側に反射を表示するために反射物が追加される場合もあります。

  • 車モデルはこちらからダウンロードできます。

ライティング リグ シーン

Audi R8 の車モデル(ページ上部のリンク)が、ライティング リグ シーンに読み込まれます。

Soft Edge

quad_lightsoft_edge を使用することで、ライトのエッジに対してスムーズな減衰を指定できます。 これにより、車の塗装とフロントガラスでのライトの鏡面反射がソフトになります。

CAD データのインポート

  • CAD モデルをダウンロードします(上記のリンク)。
  • 内容を抽出し、ステップ ファイルを読み込みます: AUDI ASSEMBLY.SLDPRT (SolidWorks のパーツ ファイル)をライティング リグ シーンの 1 つに読み込みます。
  • グリッド上に平らに配置されるように車を配置および回転します(基準の車のボディ ジオメトリと同じ場所)。
 

 

カメラの周辺減光

円形ランプを Arnold の persp_camerafilter_map に接続し、周辺減光効果を与えます。

  • No labels
Privacy settings / Do not sell my personal information / Privacy/Cookies