概要

オペレータを使用して適用された複数のシェーダ


オペレータは、レンダリング時にシェーダを割り当てることによってさまざまな外観を適用する場合に役立つことがあります。オペレータを使用すると、パイプライン段階の終了時にさらに制御を加えることができます。これは強力なツールになります。特に、Alembic ファイルをプロシージャル/スタンドインでレンダリングするときに役立ちます。この場合、シェーダを別々のジオメトリに割り当てることが必要な場合があります。


このチュートリアルでは、ロボット キャラクタのルック デベロップメントを行う方法について説明します。次のようなマテリアルや外観の書き出しが含まれます。

  • Arnold プロシージャル/スタンドイン(.ass)
  • MaterialX (.mtlx)

ジオメトリの転送に Alembic を使用します。


Alembic ファイル、GPU キャッシュ、および Arnold スタンドインは、レンダリング時のシェーディング エフェクトで実現できる柔軟性が制御されています。


オペレータは、レンダリング時にシェーダを割り当てることで柔軟性を大幅に向上させます。




このチュートリアルの作成に協力してくれた Nikola Milosevic 氏に感謝いたします。

  • No labels
Privacy settings / Do not sell my personal information / Privacy/Cookies