鍋の底で確認できる異方性ブラシ メタル効果


この簡単なチュートリアルでは、異方性反射を使用したリアルなスチール シェーダを作成して、鍋の底にブラシ メタル効果を作り出す方法について説明します。 異方性反射は、反射サーフェス上に存在する小さな溝(凹凸、繊維、または傷)の方向に基づいています。 異方性に接続された放射状ランプと、バンプ マップ アトリビュートに接続されたノイズ テクスチャの組み合わせを使用することで、この効果を得ることができます。

  • 鍋の底を選択して、standard_surface シェーダを割り当てます。名前を「Base」に変更します。

鍋の底に standard_surface シェーダを割り当てる


鏡面反射光シェーディング

次に、ブラシ メタル効果を使用してスチール シェーダを作成します。

  • base_weight を 0.4 に減らします。
  • specular_weight を減らし、specular_roughness を約 0.5 に増やします。これにより、異方性の効果がソフトになります。ライティングに合わせて specular_rotation の調整が必要になる場合があります。この場合は 0.4 です。

ランプ(RGB)

  • ramp_rgbspecular_anisotropy パラメータに接続します。
  • ramp_rgb type を radial に変更します。 ランプに 3 つの黒と 3 つの白のカラーを挿入します。interpolation を smooth に変更します。

異方性反射を使用する場合、鏡面反射光ハイライトにファセット化が生じる場合があります。メッシュの Arnold アトリビュートで smooth_tangents を有効にすることで、ファセットのある外観を除去することができます。そのためには、ポリゴン メッシュの少なくとも 1 つの subdivision_iteration が機能している必要があることに注意してください。

異方性方向は、使用しているメッシュの UV に基づいています。


これで、異方性ブラシ メタル効果が鍋の底に表示されるようになります。 ただし、この効果に関連付けられた凹凸のある隆起が欠けています。 


バンプ マップ

次に、スクラッチ効果を作成してバンプ アトリビュートに接続し、繊細なブラシ メタル効果を実現する必要があります。これには、次のシェーダを使用します。

RampFloat -> Noise -> bump2d

  • bump2d を作成し、それを鍋の底のシェーダの normal_camera に接続します。bump_heightを約 0.5 に設定します。
  • ノイズ シェーダを作成し、bump2d の bump_map に接続します。octaves を 8 に、amplitude を約 0.4 に変更します。
  • rampFloat を作成し、それをノイズ シェーダの scale に接続します。type を circular に変更します。 これにより、必要な同心円リング効果が得られます。

Photoshop

Photoshopで スクラッチ マップを作成して bump アトリビュートに接続し、繊細なブラシ メタル効果を実現できます。

  • Filter -> Noise -> Add Noise を選択し、イメージにノイズを追加します。
  • Filter -> Distort -> Twirl を選択し、ノイズに円形の効果を追加します。目的の効果を得るには、この操作を 2 ~ 3 回実行する必要があります。 イメージをクロップして保存します。
  • ファイル テクスチャを作成し、保存したノイズ イメージを開きます。 Base シェーダの bump アトリビュートに接続します。


これで、異方性ブラシ メタル シェーダの作成方法に関する簡単なチュートリアルは終わりです。 



  • No labels
Privacy settings / Do not sell my personal information / Privacy/Cookies