概要

イメージの上にカーソルを合わせると、Toon が適用されていない Sven (標準サーフェス)を確認できます


この「メイキング」のチュートリアルでは、Toon シェーダを使用して上記のイメージをレンダリングする手順について説明します。 Toon シェーダの Rim LightingBase Tonemap、Specular Tonemap、および Stylized Highlight アトリビュートを使用して、銀河系ヒーロー Sven の絵画的な肖像を作成する方法について紹介します。

この一連のチュートリアルの元の Maya シーン ファイルは、オートデスクの Hyperspace Madness プロダクションからダウンロードできます。

Toon シェーダを割り当てる

  • 最初に、頭部、髪、目、宇宙服に Toon シェーダを割り当てます。 関連する拡散反射光マップを各 Toon シェーダの Base Color に接続します。

Base Tonemap (ランプ)

  • 下図のようにランプを作成し、Sven の顔に割り当てる Toon シェーダの Base Tonemap に接続します。

イメージの上にカーソルを合わせると、Ramp > Base Tonemap が適用されていない場合を確認できます


Specular Tonemap (ランプ)

  • Specular Weight を約 0.1 に下げ、Specular Roughness を約 0.7 に上げます。
  • ランプを作成し、Specular Tonemap に接続します。

イメージの上にカーソルを合わせると、Ramp > Specular Tonemap が適用されていない場合を確認できます


Rim Lighting

  • スポット ライトを作成し、Sven に向けて背後から角度を付けて配置します。 Rim Lighting > Light アトリビュートにスポット ライトを追加します。
  • ランプを作成し、Rim Lighting Color に接続します。

イメージの上にカーソルを合わせると、Light > Rim Lighting が適用されていない場合を確認できます


Stylized Highlight

Stylized Highlight を使用すると、Sven の目にカートゥーン風のハイライトを作成できます。

  • スポットライトを作成し、Sven の目に向けます。 Sven を照らさないように、ライトを隠します。
  • Eye シェーダの Stylized Highlight Color に下図のような円形ランプを接続し、Stylized Highlight Size を約 0.8 に上げます。

イメージの上にカーソルを合わせると、Stylized Highlight (鏡面反射光)が適用されていない場合を確認できます

Indirect Specular

Indirect Specular (および Indirect Diffuse)によって、Toon シェーディングの外観に微妙な効果を生成できます。この場合、Eye シェーダには Indirect Specular: 0 とするとうまくいくでしょう。

Indirect Specular: 0 (既定)。イメージの上にカーソルを合わせると、Indirect Specular: 1 を設定した場合を確認できます。 

  • No labels
Privacy settings / Do not sell my personal information / Privacy/Cookies