概要


この簡単なチュートリアルでは、Image シェーダの「UV Coords」アトリビュートを使用してイメージをリマップし、抽象的なパターン化された歪みエフェクトを作成する方法を説明します。 こちらでさらに多くの例を参照できます。


standard surface

  • 始めに、ポリゴン プレーンに Standard Surface シェーダを割り当てます。
  • Standard Surface の Emission を 1 に増やします。 Base および Specular Weights を 0 に減らします。
  • Emission ColorImage シェーダを接続し、Image Name にファイル テクスチャを追加します。 この例では、美しいモナ リザを使用しています。

utility

  • Shade Mode が Flat、Color ModeUVUtility シェーダを(Add シェーダを介して) Image シェーダの UV Coords に接続します。
  • Add シェーダの input 2 のオフセットとして Noise シェーダを追加します。

追加のコントロールのため、イメージの後に uv_transform シェーダを追加することもできます。 歪みエフェクトをさらにコントロールするため、Range シェーダを追加することも可能です。


image

Image: UV Coordinates

Image シェーダの UV Coordinates には、テクスチャ マップの位置をさらに変更するためのコントロールがあります。 これにより、アニメートした際に魅力的な結果が生み出されます。


オフセット U (Offset U)
オフセット V (Offset V)


  • Image シェーダを歪ませるために使用するテクスチャに接続された Exposure を(Color Correct を使用して)アニメートすると、最終的な結果が表示されます。

Exposure (-10 ~ 0)

  • No labels
Privacy settings / Do not sell my personal information / Privacy/Cookies