この短く簡潔な「メイキング」チュートリアルでは、Toon シェーダを使用して、上記のイメージでスケッチ スタイルを作成する方法を説明します。 シーンは Skydome ライトを使用してライティングされ、フィルタToon Edge レンダリング用の Contour に設定されています。

既定の Toon シェーダ

  • Toon シェーダをモデルに割り当てます。 既定の設定を使用した場合にどうなるかを示します。

 

エッジ角度しきい値

  • しばらく Edge パラメータのみに注目します。 Base Weight および Specular Weight を 0 に減らします。 Emission Weight を 1 に増やします。

 

  • 詳細を追加するには、Edge Angle Threshold を約 20 にまで引き下げます。

法線のタイプ: シェーディング法線。 イメージの上にカーソルを合わせると、ジオメトリ法線の場合を確認できます

 

鏡面反射光と発光

  • ここからはシェーディングの残りの部分に焦点を当てます。 Specular Weight を約 0.6、および Emission Weight を約 0.3 まで増やします。Emission Color はグレーにします。

 

マスク カラー

  • 進捗は順調です。 ここからはさらなるディテールを Edge シェーディングに追加します。 Utility シェーダを作成し、それを Toon シェーダのエッジマスク カラーに接続します。 Utility シェーダの Shade Mode を metal に変更し、Roughness を約 0.01 に引き下げます。ただしこれは過剰に見えるので、効果を減らす必要があります。

 

Edge Width

  • Edge Width を約 0.5 まで引き下げて完成です。

 

 

 

Edge パラメータの別のシェーディング スタイルを適用するには、ご自分のモデル上で、Utility シェーダの異なる Shade Modes を試してみてください。

  • No labels
Privacy settings / Do not sell my personal information / Privacy/Cookies