[Autodesk、Flexlm] オードデスク ライセンスの設定

Autodesk ライセンスに関する技術サポートを利用する

Autodesk ライセンスは、Autodesk サポート チームによってサポートされています。

オートデスクのサポートに連絡するには、Autodesk Account にログオンし、https://knowledge.autodesk.com/ja/contact-support に移動します。

 

 

 

Arnold 5.0.1 以降、年間サブスクリプション、永久ライセンス、および EDU ライセンスのいずれにも、Autodesk ライセンスが使用されます。

1 ヵ月サブスクリプションのライセンスの場合のみ、RLM が引き続き使用されます。

Arnold プラグインで Autodesk ライセンスを使用するには、以下が必要です。

  • MtoA 2.0.1 以降
  • C4DtoA 2.0.3. 以降
  • HtoA 2.1.0 以降
  • MAXtoA 1.0.832 以降
  • KtoA 2.0.2 以降

少なくとも上記のバージョンがインストールされている場合、ARNOLD 2018 ライセンスは Maya、3ds Max、CINEMA 4D、Houdini、または Katana の任意のバージョンと連携します。

Autodesk ライセンスを取得する

ライセンス ネットワーク ライセンス ファイルがまだ存在しない場合、Autodesk Account にログオンしてライセンス ファイルを生成します。

  • manage.autodesk.com にログインする
  • [製品およびサービス]ページの製品リストで、ソフトウェアのタイトルを見つけます。[ライセンス タイプ]フィルタを[ネットワーク]に設定すると、マルチユーザ ライセンスのみが表示されます。
  • メニュー アイコンをクリックして、ポップアップ メニューで[ネットワーク ライセンス ファイルを生成]を選択します。
  • ほとんどのライセンス サーバでは、シングル サーバを選択します。
  • ご使用のサーバのサーバ名と MAC アドレスを入力します。
  • このサーバに追加する製品ライセンスを選択するには、[+]ボタンをクリックします。
  • 製品リストの Arnold を確認します。
  • [ライセンス ファイルの生成]をクリックします。
  • 次にファイルを保存し、記録のために自分宛てに電子メールで送信することができます。

 

 

 

ライセンス サーバを設定する

以下のプラットフォームに Network License Manager をインストールして環境設定します。 

関連項目:

 

 

  • No labels