Compression

使用する圧縮タイプを指定します。

Format

8、16、32 ビット、または浮動小数点を使用するかどうかを指定します。

Tiled

Output Padded

Dither

Unpremult Alpha

メインの RGB チャネルをアルファ チャネル(既定)でプリマルチプライするかどうかを指定します。8 ビットの出力イメージのみで機能します。

Skip Alpha

アルファ チャネルのレンダリングを無効にします。

Append

このオプションは、レンダリング チェック ポイント(または「追加モード」)を有効にします。対応する出力ドライバの .append アトリビュートを true に設定すると、Arnold は、以前にレンダリングしたタイルを保存し、足りないタイルのみを処理し、出力ファイルに追加します。イメージがない場合、レンダリングは普通に続行し、新しいイメージが作成されます。イメージの仕様が一致しない場合、レンダリングは中止されます。