クラス

ライト

概要


エリア光源(4 つの頂点で指定された四角形)のライトをシミュレートします。拡張光源(蛍光灯ストリップ ライト)のライトまたは窓から差し込む特定のライトをモデリングするために使用できます。

 

 


 

vertices

四角形ライトの形状の 4 つのコーナー ポイントを定義します。これらの頂点は、フラットな矩形の四角形を定義する必要があります。

resolution

シェーダが quad_light に接続されている場合、Arnold は skydome_light で使用されるものと同じ重点サンプリング テーブルを自動的に作成します。これにより、テクスチャの輝度に応じてサンプリングを効率的に実行できるため、特に HDRI テクスチャを使用する場合は、サンプリングによるノイズを大幅に軽減できます。skydome_light と同様に、テーブルの解像度は既定値が 512 の解像度パラメータで制御されます。入力値としてカラー イメージを使用している場合は、カラー パラメータに渡されるイメージの解像度よりもこの値を高く設定する必要はありません。

roundness

ライトのシェイプを変更します。0 で正方形、1 で円形となり、その間は隅が丸くなります。

soft_edge

ライトのエッジにスムーズ フォールオフを指定します。 この値は、ソフト エッジの幅を指定します。0 でソフト エッジがなくなり、1 でライトの中心までずっとスムーズ フォールオフが適用されます。スポット ライトの penumbra_angle のように機能します。

spread

portal

有効にすると、quad_light がポータルとして機能します。

matrix

color


intensity

exposure

cast_shadows

cast_volumetric_shadows

shadow_density

shadow_color

samples

normalize

diffuse / specular / sss / volume

indirect

max_bounces

filters

aov

volume_samples

motion_start

motion_end