このチュートリアルでは、Academy Color Encoding System (ACES)の OpenColorIO を使用する場合のカラー管理の設定方法について説明します。この記事は 2 つのパートに分かれています。前半では理論、後半では実用性について説明します。理論の説明は、実践に移る前に ACES の基本とその仕組みを理解し、カラー管理を設定する際の微妙な差異を検討するのに役立ちます。

ACES の概要と推奨する理由

Academy Color Encoding System (ACES)は、無償で拡張可能な、デバイスに依存しないカラー管理およびイメージ共有システムです。このシステムは、映画技術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)の後援により開発されました。また、カラー、コーディング、トランスフォームの技術仕様セットでもあります。このシステムでは、デジタル イメージのすべてのデータを同じ数学的領域に保存できます。これによって、異なる部門間で作業しているマテリアルを転送する際にワークフローの一貫性を保つことができます。ACES を使用すると、ハイ ダイナミック レンジと広い色域でアーカイブ マテリアルを作成できるため、将来利用可能になるデバイスでも利用できます。


ACES 機能の一部は以下のとおりです。

  • 広範囲のカラー、ライト、露出
  • 広範囲の表示デバイスで予測可能なイメージを表示する
  • 全範囲のハイライト、シャドウ、カラーを維持する
  • さまざまなカメラのイメージの照合を単純化する
  • 不正なカラー値がない正確なカラー表示
  • リニア カラー スペースでの作業
  • イメージの明るい部分にハイライトやクランプをかけない
  • その他

ACES ワークフロー

ACES は次のような複数のコンポーネントで構成されます。

  • Input Device Transform (IDT): 入力マテリアルのカラーを変換します。正確には、Input Transform と呼ばれています。
  • Reference Rendering Transform (RRT): S 字型のトーン カーブを使用してシーン参照から表示参照スペースへのカラー トランスフォーム、出力用のイメージの準備を行います。
  • Output Device Transform (ODT): Rec. 709、DCI-P3、Rec.2020 などの変換で、出力デバイスに変換します。

実際には、RRT および ODT はマージされており、Output Transform と呼ばれています。

ACES Output Transform の選択肢

ACES システムの利点の 1 つは、各種の表示やプロジェクタに Output Transform を使用できることです。次の要因に基づき、状況に適切な Output Transform を選択できます。

  • ご使用のデバイス(モニタやプロジェクタ)およびその調整方法。この範囲は、単純な sRGB モニタから Rec.2100-PQ に較正された HDR モニタ、DCI-P3 に較正されたデジタル プロジェクタにまで及びます。なお、ACES システムには、さまざまなデバイスで使用される表示環境が記述されることにご注意ください。そのため、sRGB や Rec.709 などのモニタ環境では、暗いというより薄暗くなります。
  • クリエイティブ白色点。ACES のネイティブの白色点は D60 です。ほとんどのシネマ指向プロジェクトでこの白色点を使用します。ただし、ACES はトランスフォームによって D65 に適合させることができます。通常、これはビデオ指向のプロジェクトに使用します。クリエイティブ白色点に一致するように表示デバイスを較正することが理想ですが、常に可能であるとは限りません。そのような場合、ACES システムは、Output Transform で「D60 sim」というラベルを付けて、別の白色点(D65 や DCI など)に較正されたデバイスで D60 白色点をシミュレーションします。

実験により、主観的に D65 などの他の白色点より D60 が好まれる傾向があるため、ACES システムのネイティブの D60 白色点が選択されています。また、これは映像システムの白色点に近いです。プロジェクトに選択されているクリエイティブ白色点は D60 ですが、D65 に較正されたデバイスで作業する必要がある場合は、デバイスの「D60 sim」バージョンの Output Transform は比色分析によって精度の高い結果を導き出します。D60 でイメージを表示しても、D65 で表示される周囲のユーザ インタフェースによる色の判定が難しくなるため、「D60 sim」以外のバージョンを使用した方が好ましい場合もあります。

ACES カラー スペース

色域の比較(画像提供: Haarm-Pieter Duiker 氏および Thomas Mansencal 氏)

 

ACES にはさまざまなカラー スペースが用意されていますが、主なものは次のとおりです。

  • ACES 2065-1: これは、人間の目で見えるより広範囲を網羅する線形、カラー スペースであるため、マテリアルのアーカイブのコピーや部門間でのマテリアルの転送に使用します。
  • ACEScc および ACEScct: カラー補正用の対数カラー スペース。
  • ACEScg: CG や VFX で使用されるリニア スペースです。これは、レンダリングされたイメージで色の設定およびライトを操作する主なカラー スペースとして使用する必要がある空間です。詳細はこちらで確認できます。

変換用の主なカラー スペースは次のとおりです。

  • Utility-Linear - Rec.709 または sRGB: Rec.709 または sRGB の原色や色域(同じ)を使用する線形イメージの場合に選択します。
  • Utility-RAW: 変換(スカラー マスク、ディスプレイスメント、粗さ)が不要なイメージの場合に選択します。
  • Utility-Rec.709-Camera: sRGB イメージ、8~16 ビット(ライトマップ、マット ペイント)、(JPEG、PNG)の場合に選択します。
  • Utility-sRGB - Texture: sRGB イメージ テクスチャ 8~16 ビット(JPEG、PNG)の推奨カラー スペース。

ACEScg: 既に ACEScg に変換されているイメージ用のカラー スペース。

イメージを Utility-sRGB-Textures に変換すると、元の色より暗くなります。これは正常であり、コントラストを失うことなく、高い値のライトで作業できます。

レンダリング スペースとして ACEScg を使用してプロジェクトを作成する場合、すべてのイメージが ACEScg に正しく変換されるように、カラー スペースを設定する必要があります。他のカラー スペースのイメージは、変換しないと間違っているように見えます。

 

このチュートリアルの作成に協力してくれた Doug Walker 氏と Slava Sych 氏に感謝いたします。